• ホーム
  • ファイザー社製の抗菌薬ジスロマックの市場価格はどの程度か?

ファイザー社製の抗菌薬ジスロマックの市場価格はどの程度か?

2020年04月07日
葉の上にあるピンクのカプセル

日本国内の病院や歯科クリニックでは、アジスロマイシン錠として先発医薬品のジスロマックが処方されます。ジスロマック錠は海外でも多く流通している抗菌薬で、医薬品を扱う個人輸入通販サイトでも販売されています。

個人輸入通販サイトで販売されているジスロマック錠の価格の相場ですが、1回分(500mg錠3個)であれば4千円前後です。5回分のセットだと1回分あたりの価格が3割くらい安くなり、1万5千円前後で販売されています。1錠あたりの価格は千円を越えてしまいますが、服用するのは2錠または3錠です。そのため、病気を治療するために必要なトータルの薬代は他の抗菌薬を使用する場合とさほど変わりません。

病院や調剤薬局以外で薬を購入する場合は、購入する数量に応じて1回分の薬代に違いがあります。1回分だとかなり高価ですが、数回分をまとめ買いすると割引価格になります。

クラミジアに罹って病院で受診して処方してもらう場合は健康保険が使えますが、薬代の他に受診料や検査料が必要です。医者によってはジスロマックと別の抗菌薬を組み合わせて治療をするケースがあるので、トータルで支払う費用は3千円~5千円くらいです。

この医薬品は米国のファイザー社が開発・発売した薬なので、薬の販売価格には研究開発費が上乗せされているので高価です。個人輸入通販サイトを利用して薬を入手して自分で治療をする場合は、3~4千円くらいの費用がかかります。自分で薬を購入すると健康保険が使えないので全額自費負担になってしまいますが、受診料や検査料が不要なのでトータルの治療費は病院に行く場合と同じくらいになります。先発薬のジスロマックでクラミジアを治療する場合は、2~3千円くらいの費用が必要です。

アジスロマイシン錠にはジスロマック以外にも安価なジェネリック医薬品があり、安価で販売されています。同一の有効成分が配合されたジェネリック医薬品は、ジスロマックと比較して4割~7割くらい割安価格で流通しています。個人輸入通販サイトを利用してジスロマックのジェネリック医薬品を購入すると、5回分のセットでも3千円前後の費用で入手することができます。このためジェネリック医薬品を活用すれば、1回分の治療費が数百円程度で済む計算になります。ちなみに個人輸入通販サイトでは先発医薬品のジスロマックも販売されていますが、利用者の多くは価格が安いジェネリック医薬品を選択しています。

関連記事
クラミジアの治療薬の多くは通販で購入することが可能です!

クラミジアに有効な抗菌薬(ジスロマック・ミノマイシン・クラビットなど)はいずれも医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、日本国内では一般向けに市販されていません。これらの治療薬を購入する場合は、病院や診療所で受診して処方箋を出してもらう必要があります。海外から個人輸入する方法であれば、病院や診...

2020年03月30日
様々な細菌性の感染症に効果があるジスロマックの購入方法は?

ジスロマック錠はクラミジアや他の多くの細菌感染症に効果がある抗菌薬で、飲み薬なので簡単に服用することができます。細菌感染症に罹った場合のためにジスロマックを常備しておけば、必要な時にすぐに服用して早期治療をすることが可能です。日本国内でジスロマック錠を購入方法として、病院で処方してもらう・海外から個...

2020年05月07日
クラミジアへ多く用いられるテトラサイクリン系の抗生剤ジスロマックの使い方

病院や診療所で初期の性器クラミジア感染症と診断されると、ジスロマックが処方されるケースがほとんどです。ほとんどのクラミジア患者は、ジスロマックを服用するだけで病気が完治します。一般的に飲み薬タイプの抗菌薬は血中濃度が持続する時間が半日~1日程度なので、感染症が完治するまで毎日欠かさず薬を飲み続ける必...

2020年04月04日
アジーはアジスロマイシンを成分にしたクラミジア治療薬で副作用があります

医薬品を専門に取り扱う個人輸入通販サイトの多くは、クラミジア治療薬としてアジーが販売されています。アジーの有効成分はアジスロマイシンで、ジスロマックのジェネリック医薬品のひとつです。先発医薬品のジスロマックと同じ有効成分が配合されているので、基本的に薬の服用方法や効き目は同じです。アジーの効き目だけ...

2020年04月02日